来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

正規雇用と非正規雇用に格差がない国

 

日本では正規と非正規では賃金も社会的地位もなかなかに違いますよね。

でも世界を見渡せば正規と非正規で差がない国もあるもんなんですね。

例えばオランダとデンマーク

↓詳しく書かれてる記事はこちら↓

toyokeizai.net

特に記事内のこの画像↓

f:id:umyneko:20181016223716j:plain

本当にほとんど差がないですね。

それにオランダではパートタイムが標準の働き方で一週間の半分しか働かない。それでもやっていけてるんですよね。

 

またヨーロッパ全体がこのような国の体制などを目指しているという事実。日本にもぜひ波が押し寄せてほしい。オランダに限らずオランダまでとはいかなくともヨーロッパ全体で正規非正規の賃金差は少なくなっているというし。

 

それに経済成長や出生率もオランダやデンマークでは回復したというのだから尚更良いのでは。勿論経済の規模が違うので一概には言えないけど。しかし一定の成果は収めているという事実。

 

経済規模で考えるとヨーロッパでも特にドイツがこの政策をマネして成功、もしくは一定の成果が得られれば日本にも普及しそう。

 

それに前から思っていた解雇規制を緩くする事、正規と非正規の差をなくす事、流動性を高める事を日本は目指せば良いのになーと思っていたけど、この記事でも同じような事を言っており、「おーーー」となった、うんうん。

 

日本のこの壁がなくなれば無理に世間の普通に合わせる必要は薄れると思うんですけどね。だから今は正規になるための普通範囲内に無理に合わせないといけないんだと思う。↓↓

www.seeneko.com

 

とりあいず、社会福祉にしろ働き方にしろヨーロッパ、とくに北欧辺りは進んでますね。人口とか経済の規模が小さいからこのような政策を実施しやすいのもあるでしょうけど。でもすごい。お手本にするべきことはたくさんありそう。