来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

解雇規制緩和と賃金差の減少を望む...

 

タイトルのままですね。

解雇規制の緩和と賃金差が減少しないかなって。雇用の流動性などを謳うなら尚更に。

 

実際に正規と非正規の差がない国もあります。

 

www.seeneko.com

日本って正規と非正規で扱いや地位にかなり差があるとおもうんですよ。勿論責任の重さも違うし多少は仕方ないかもしれませんけど。でも中には正規と同じ仕事内容をやらせる場合だってありますよね。この場合賃金に差があるのはちょいとおかしいと感じます。もはや日本においては、都合良く使え簡単に切り捨てられる人材、使い捨て、半ば奴隷のような立ち位置に近いと思うのです。

 

それに場合によっては正規が非正規を見下す、バカにするような場合があるのもおかしいと思うのです。それに世間的にも非正規のイメージは良くなく、肩身の狭い思いをしてる事と思われます。

 

せめて賃金が同じならばここまで低い扱いをされることは無かったでしょうが、賃金に差がなくなれば非正規でも普通に暮らせるのですけどね。それに仮に賃金差がなくなっても正規に付く人は大勢いるでしょうから。経済を回すためにも賃金差はなくなる、もしくは限りなく少なくなって欲しいものです。

 

ただ正規でも、そもそもの給料が少なく場合によっては非正規よりも給料が低い場合もありますが。

 

そして同時に解雇規制の緩和。どうも解雇規制が緩くないので正社員に昇格させることも億劫になり、また雇うときにも結構な審査が必要になる面もあると思う。

 

例えば就活、あんなにも第何次面接まであるのは、一度雇うと切りにくいしそうなると良い人材を確実に見つけないとと思うからお互い負担が増えるのだと思うのです。

もっと簡単に採用されて簡単に解雇されるようになれば面接をあんなにもすることはないし、軽い感じで入りダメなら解雇すればよい。でもその代わりまたすぐ別のとこに入社できるみたいな環境があればよいと思うんですけどね。

 

必死に非正規にはなるまいとやりたくもない仕事を定年までやるのもなんかなーーと思ったりします。そう思わせたのはこの正規と非正規の格差、また一度レールから外れモノを再びレールに戻させるのをためらう社会のせいだと思います。空白期間にも日本ってやたらと厳しいですよね。

 

流動性がもっと促進されれば良いですね。ただ入りたてはその企業での仕事の仕方などの教育もありますから、いちいち人の入れ替えがたくさんあってはやりにくいというのもあるでしょうけど。しかしそこは例えば、失業中は職業訓練所などで勉強し企業入社時にスムーズに接続できるようにするなどの対策をすれば良いと思ったりもします。最低限その分野の知識さへ蓄えておけばだいぶ違うと思いますから。

 

とりあいず、非正規でも普通に暮らすことができ、正規にもあがれ解雇されてもまた見つけられる。そのように人々が自由に動ける社会の環境が整備されることを望みます。無職の期間があったとしても戻りやすくなれるような環境も。望むだけじゃ変わらないのですけどね。

 

...望みます。