来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

やはり本はすばらしい

 

本って、良いですよね。

特に自分はノンフィクションとか実際に現実にある、存在してる系の本が良いですね。

 

例えばノンフィクションなんかはそれ一冊を読めば他の人が体験してきた経験を疑似体験できるというか、知れるわけですから。コスパで見ても良すぎますよねー

 

「別の世界を手軽に知ることができる本」

 

そしてそれがまた自分の視野を広げる事にもなると思うんですね。たった一冊の本でも。

 

それに、情報量も多いし、順序だてられている。データなんかもしっかりとしている。

ここがネットでよく見る記事とは違いますよね。

勿論内容がしっかりした記事もあります。ただ最近はまとめサイトだの、まとめのまとめだの、内容が浅い記事も深い記事と同じように増えましたから。

 

それに商品をかわすための誘導文だったりもしますからね。不安を煽ったりこのままの自分で良いのですか?とかの文章、稼ぐための記事とかですね。そのような記事って案外ほしい情報は少なくて、「欲しい情報結局書いてないじゃん!」って事にもなりますからね。またSEO対策だのでそのような記事が割と上位表示にもきたりしますから。

 

となるとこれだけネットが普及してwebページの数も膨れ上がった今!本ってやっぱり良い!ってなるわけですよ。

 

本一冊作るって一日やちょっとじゃ作れませんし、たくさんの情報、経験を洗練して凝縮したのが本ですから。そりゃー質の良い情報が詰まってるわけですよ。

 

まぁどちらも良い面がありますから。バランスよく読んだり使うのが良いんですけどね。あとはもし本を全く読まない人がいるのならば、一度読んでみても良いと思います。ノンフィクションで興味のある分野の人の体験談とかなら入りやすいと思いますし。

 

あと一冊読んでみたらハマることだってありますし。何がきっかけで急に読書に目覚めるかはわかりませんしね。ふいに読みたくなる時が来るかもしれないですし。まぁ読みなさいって課せられた場合は嫌いになるでしょうけど。

 

とりあいず、本って良いですよね。すばらしいー