来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

ブログはあくまで一つのツールにすぎない

 

トップブロガーでもなければブログで何十万レベルで稼いだことないやつが何言ってんだよって思うかもしれませんが。ワタクシ言います。

 

ブログっていまや数ある手法の一つに過ぎないよねって話。稼ぐ目的ならば。←

 

いまやSNSを探せば毎日と言っていいほど新規参入者が現れ、毎日大量に新たなページが生み出される。

 

タイトルもアフィー目的でいかにネットサーファー達の目に留まらせるか、読み手の不安を煽ったり、誘導文を巧みにつかうサイトが大量に増えてますよね。

これもネットが身近になったからだけど、こんな状況でブログのみっていうのは、、んーーって思ったりしますね。

 

ikakimchi.hatenablog.com

 

 

今やかなりブログ界は競争が過激化してると思う。そして本当に稼いでる人たちはもはや数%。割合でみるとおそろしい。

 

まぁ基本的にどの分野においても先駆者というのは強い。

 

勿論数%に入れることさえできれば、ブログ一本で稼ぐ事はできるでしょう。

 

 

ただその数%にいくような人達って結局常に色々なアンテナ貼ってるような人達だと思いますし、多方面に手を出してるでしょうから結果的に一本で食ってる人は中々いないような気もする。

 

それにトップ層を見てるとyoutubeやtiktokに最近進出してるとかしてないとか、またトップ層はトップ層でつながってる。そこがまた強い。

 

逆にミニマリストとかスローライフを極めれば一本でもいけたりもするのかな?

 

でもただ純粋に思いを伝えたいとか、好きなように書きたいとか、稼ぐうえでの一つの手段って考えてるならばブログってまだまだ素晴らしいですよね。というよりやはり重要な媒体に変わりはない。

 

だから自分も色々手を出してるor出そうとしてるうちの一つにブログがあるって感じ。

 

 

それに稼ぐというよりはブログで個人の付加価値を増大させることが今のブログにおいて大きな役割を占めてると思う。個人に価値さえついてればこれからの時代とりあいずは何とかなると思うんですよ。polcaとかでお金の移動も昔より促進されてる事だし。それにどれか一つの媒体で個人に価値が付けばそこから色々派生できますよね。

 

だからHIKAKIN辺りなんておそらく炎上さえしなければどの分野に参入しても活躍できるでしょうし(結果的に派生してる)、そしてそこでお金が生まれる。結果的に稼げる。ここですよね。だからtiktokでハートを毎日何千個獲得してる可愛い女の子たちも派生のチャンスですよ(自分も女の子で可愛かったらやってた)。

 

 

だからとりあいずはいかにして個人の価値を付けるかが分かれ道なんだろうなーーと思いつつ、、おわり