来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

ステレオタイプについて簡単にまとめてみた

 

 大学で習って面白かったので簡単にまとめたかったのでまとめる。

 

ステレオタイプとは

一言でいえば、先入観とかイメージ。

詳しくいえば、特定の社会的カテゴリーや集団に一定の特徴の付与する認識枠組み、過度に一般化された信念ないし固定化されたイメージを表す。

 

例えば

大阪人→ノリが良い

京都人→腹黒い

金髪→チャラい

twitterのネットビジネス勧誘→怪しい

私立文系→チャラそう

国立理系→まじめそう

東大京大→賢そう

などなど、一般的に決まっているイメージですね。

 

「なぜステレオタイプが生まれるのか」

それは、人々は無意識に複雑な情報を単純化して認知的負担を軽減しようとするからだそう。

個々を見ると個性が多すぎてまとめることができないので、単純化してイメージを形成することで理解しやすくしてるんですね。

 

ステレオタイプが生まれる過程

一つ目ーーーー

カテゴリーによる形成。

まずある特定の集団やカテゴリーをステレオタイプ化するには、他と区別するカテゴリー化が存在する。つまり他とは異なる特徴をもった実体としてカテゴリー化されることが必要。

カテゴリーに分類するには、

・同一カテゴリー内の成員間の類似性を過大視する同化効果

・異なるカテゴリーの成員間の違いを強調する対比効果

の二つがあり、どちらかで形成される。

 

二つ目ーーーー

自分が属する内集団」と「それ以外の外集団」の区別。

例えば、「社会的アイデンティティ理論」によれば、人は自尊心を維持するために肯定的な社会的アイデンティティを求めて外集団との差別化を図り、内集団びいきや外集団に対する否定的ステレオタイプを発達させるとしている。そしてステレオタイプが形成される。

 

自分とは違う生き方や価値観を否定するのは半分くらいはこういった事からきてたりするのかな?とか思いつつ。

 

三つ目ーーーー

錯誤相関による形成。

内と外のほかに集団のサイズもステレオタイプに関係するというもので、一般には多数はよりも少数派の集団に対してステレオタイプが形成されやすく、その内容もネガティブなものが多いとされる。

こうした現象は特異性が大きく関係してくる。

つまり、多数よりも少数の方が特異性が高いために記憶や印象に残りやすいということ。

例えば、犯罪をおかしていない人よりも犯している人の方が印象に強く残ったり、普通の生徒よりもヤンチャな生徒の方が教師は印象に残りやすいということ。

また実際以上に強く認識されることから少数派集団に対する否定的な評価が生じやすいのだそう。

特異性をもったモノどうしが結びつくとより強く印象に残る。

強く残るがゆえにステレオタイプが形成されやすくなる。

 

cf:血液型の話

これらの身近な例でいうと血液型の話があった。

血液型で性格が大まかに決まるというもの。

しかし、「心理学の分野では血液型と性格の間に関連があるとはいえないことが共通の認識らしい。」残念。

 

「えーでも実際当たってるもーーーん!!」

「当たってるんだから関係あるでしょーーー!!」

みたいな経験からの反論があるかもしれないが。これは人間の情報処理過程が関係しているらしい。

曖昧な情報が提示された場合、人はステレオタイプに一致した情報のみに注目し、自分が想定していない情報を無視しやすいからだそう。

つまり当たってる情報だけを無意識のうちに取り入れ、信じてるということになる。

星座占いとかその他の占いももしかして、、、いや、ここらで終えておこう。

 

一度認知すると変わりにくい

一度ステレオタイプが形成されてしまうとそれが変わったり消去されたりするのは難しいらしい。たとえそのステレオタイプは間違っているという事例を示されても、それを例外とみなして無視し、既存のステレオタイプを維持することが多いらしい。

大阪人はノリが良い。なども今後も言われ続けるだろう、もしかしたら変わることもあるかもしれないが。

しかし徐々に変わるのも事実である。それは、

・反証事例が積み重なるにつれて徐々にステレオタイプが変化する簿記モデル

・極端な反証事例によってステレオタイプが劇的に変化する転向モデル

の二つのモデルがあるそう。

 

感想

普段もってるイメージとか偏見が、ステレオタイプという専門的な語句で解説されてるっておもしろいですよね。

そして偏見や差別にも大きくこのステレオタイプは関わってるんだそうで。「これだから〇〇はダメなんだよね〜」もステレオタイプなのかな?

あと色々なニュースとか世間の問題を見ててもそう感じる、根深そう。まぁイメージは必ずもってしまうものなので、上手くコントロールして向き合っていきたいですね。

 

またニュースなんかでもステレオタイプって形成されやすいですね。例えば「本当はごく一部の人達が悪い事をしたのに、それに属してる人達みんなが悪者扱いされてしまう」ようなパターン。あとは、「昔はワルだったけど更生してまじめに働いてます」って人の方が「普段からまじめに働いてる人」よりも偉いっと思ってしまうやつ。これも特異性とか希少性が高いから目立ってしまうパターンなのかな?

 

まぁでも、このステレオタイプを知ったことで、一歩引いて判断するきっかけとかになりそうですよね。あくまでイメージであって各々は違うという当たり前の事実を忘れにくくさせるためにも。ステレオタイプによる偏見や差別も減ってほしいものです。