来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

Python参考書の順序兼おすすめレビュー

 

色々pythonの参考書を本棚であさったりネットサイトも調べた結果個人的に良いなと思った順序を一つの目安として記そうかと。

 

まず最初

・ネットサイト「python-izm」ってサイトで広く浅く概要をつかむ

・そのあと「入門Python3(オライリージャパン)」で学習する

これで一通り基礎ができたかなと。

んで次に「エキスパートPython」とかに入るのもありだけど。(いやここは少し飛ばした感もするな...)

 

個人的には基礎が終われば自分の特化したい分野の参考書を買うのが良いかと。結局自分の興味のある分野のコードを書いていった方が楽しいし上達もはやい気がする。

 

例えばスクレイピングをやりたければ

「Pythonによるスクレイピング&機械学習」この本は結構おすすめ。これでスクレイピングは一通りできるし、後半は機械学習の色々な範囲をさまざまなライブラリを紹介しながら広く学べる、また概要もつかめる、難しい計算とかは基本ない。

またデータの保存形式とかも載っているので買って損はないと思う。スクレイピングと機械学習をやりたいひとは。

 

んで次にプログラマーってそもそもって話を知りつつ学びたいなら。

「独学プログラマー」もおすすめ。Pythonの学習本だけどプログラマーとして知っとくべき分野、単語、常識などが書いてあるので良い。

 

あとはDjangoをやりたいなら、、

Djangoの本って思ったよりないんですよねこれが。

だからネットでDjangoのサイトで一通り学ぶか、

・もしくは「現場で使えるDjangoの教科書」ってやつがおすすめ(Djangoの適度なレベルの参考書中々ない気もする、これが良かった)。後この本を買う前にネットのDjangoを説明してるサイトで一通り学んだ方が良い。

 

とりあいずこんな感じかなー

他にも良書はあると思うけどまぁ実際にやってみて買って損は無かったし良かったやつを紹介したのである。