来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

「怠惰を求めて勤勉に行き着く」当てはまりすぎた...

 

現状が嫌で他の道に行くために結果勤勉になる

 

「勝負師伝説 哲也」っていう漫画で、主人公が放ったセリフらしい。

「怠惰を求めて勤勉に行き着く」

 

簡潔にまとめると

勤勉とは程遠いギャンブラーでさえその世界で勝つためにはいろいろ勉強していて結果的に勤勉だ!みたいな

 

かなり心に来ましたね。なるほど!自分も何かしら当てはまるぞ!みたいな

 

 

例えば、大学通いたくない人がいたとして、

「うわー大学の勉強したくねーーだりー」

「てか大学通いたくない!」

「何か収入得ないと!」

「youtube?ブログ?プログラミング?」

「よしやってみよ!就職なんてしたくないぞ!」

となったとしましょう。

 

でもyoutuberに仮になるとしたら、「企画を考える力、動画を編集する力、競合の観察及び分析、マーケティング、投稿モロモロの操作、継続力...etc」結構勉強しないとダメですよね。

ブログとかアフィでも、SEOだったり集客だったりドメインの取得とか開設だったりいろいろとやらないとダメですよね。 

他にも株トレーダーになってみたりとか、スタートこそ現状のままは嫌だからって理由にしろ結果的に勉強してる。

 

結果的にアンタ大学の授業の時は勉強だるい言ってたのに今の方が勉強してんじゃん!だるいはどこ行ったの!?みたいなのあると思うんですね

 

 勉強したくない気持ちは何処へ...

これこそ「怠惰を求めて勤勉に行き着く」まさしくこれですよね。

 

なんでしょう、結構意識の問題だったりするんですかね。

もしくは、やっぱり興味のあることとか、自分がこれは勉強する価値があるって思ったとき人は勝手に勤勉になるんですかねーー

 

もしくは、課されたことはやはり人間だるさを感じるのだろうか。

学校の受験の勉強も必要性を感じたりただ単に好きってことにならないと継続って難しい気もしますね。

子供が勉強しないのも必要性を感じていないか、好きじゃないか、子育てで子供に勉強させるにはそこらへんを刺激する教育の方が良いかも。

頭ごなしに勉強しなさいじゃなくて、知らないけど。

 

まぁ自分もなんだかんだこうしてブログやったり、プログラミングやったりで別にやらなくても良いことなのにやってますからね、わら

これらは別に苦にはなってないんですよね。自分が有益と感じてるから?

だから自分が有益と思うことが大事なのかなとも思いつつ。

 

いやしかしまさしく図星のようなセリフと巡り合いましたね。

でも結果的に勤勉になってるのならこのような道も良いかと思ったりもしますけど。

なんならとことん勉強しよう、うんd(- - )

 こちらもオススメ↓↓

www.seeneko.com