来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

単位を気にせずに学んでみたかったり

 

今現在大学生なんですけども、通ってて定期的に思うことがありまして、それは単位を気にせずに学びたいなーみたいな。

 

例えば大学って高校の時は好きな授業を受けられるし、時間割も自分で決められますよーって確かに先生に教えられましたよね?まぁこれは間違ってはいないんですけど、少しずれてるかなと。

 

なんでかって必修科目と選択科目がまずあり、また選択科目で何科目以上って決められてたり、また半期で何単位未満とか一年じゃ受けられない授業とかも細かく見てみればありますよね。

 

となると、履修登録をするときにどうしても単位のために履修を組む?選択何単位だからあと4単位取らなきゃとか、必修科目まじ落とせねーよ...とか、楽な科目どれだーって思いながら組む時が少なからず出てくるわけですよ。単位のために学ぶのか、みたいな。意識の問題ですけど。

 

そんな時に思うのが、なんで単位のために大して興味もない科目を単位をそろえるがために取らないけんのだってね。もちろんお国が定めたことですから大卒という資格を生徒に出すためにも規定通りにしないとダメなのもわかるんですけど。

 

特に必修とかって落としたらもう一度受けないとダメですし、出席とか取る講義ならなおさらわかってる範囲でも出ないとだめだし。となると例えこの課題はあまりやる意味ないなって思う課題でもやらないとダメになりますから、ちと嫌ですよね。

 

これがもし単位とか気にしなければあまり自分には意味ないなって思う課題はやらなくて良いし、講義も興味のある回だけでれば良くなるじゃないですか。となると空いた時間をほかの事に回せますし、良いと思うんですけどね。その代わり期末試験一発で単位の不可とかをやって欲しいですね。

「課題とかは別にや手もやらなくても良いよ、でもその代わりこの講義のテーマを達成してるかどうかを期末試験で測ります。その理解度に達してれば単位を上げましょう。」

みたいにならないですかね。本質はそこだと思うんですよ。理解できて身についたなら多少欠席しても課題を出さなくても良いと思うんです。出席だって出席点のためだけに行ってる人なんて大してそこにいてもいなくても変わんないと思いますし。表面上は良いのかもしれませんけど。そしたら期末試験で求められる理解度を達成した人に単位を上げましょうみたいな風にしてほしいですね。

 

まぁ心の奥底には何割かこの課題めんどくせぇーみたいな気持ちもありますけど。

でも例えばjavaの講義がありました、この講義ではjavaの基本的な内容、文法を理解し基本的なプログラミングを理解できることがテーマです。ってなってたらjavaをまえからやってて基本的な事がすでに理解できて使える生徒は多少課題出さなくても欠席しても単位をくれても良いと思うんですよねー。本質は達成してることですし。ただ現実問題課題ださなかったり三分の二以上欠席したりしたら単位は出ないんですけどね。

 

結論、ある程度仕方ないと思いつつやるしかないのでしょう。うんうん