来世は猫になる

スローライフで、生きてたい

人との距離感の難しさ

 

対人距離感の難しさよ。うんうん

 

近すぎてもダメ。離れすぎてもダメ。絶妙なバランスでずっと過ごさないといけない。これ結構ハードだと思う。まぁ不具合が生じてもまた何度でも治るのも良いとこではあるんですけどね。

また治るたびに「あーこの人の距離感はここらへんだなー」とかわかっていってどんどん潰れにくくなるのも事実。

 

カップルなんてそうですよね。はじめのうちはずっと一緒にいたい。いつまででも居れる!!って思っててもしばらくしたら必ずと言っていいほど喧嘩が起こる。なんでかって距離感を近づけすぎたから。個人的には喧嘩するほど仲が良いっていうけど喧嘩するほどエネルギーを消耗するので自分はできるなら、最小限にしたい派ですけどね。

 

友達でも距離を近づけすぎたら「なんかコイツ最近むかつく。いちいち言動が腹立つ。腹立つ。」とか思って仲が悪くなったり、最悪いじめにまで発展したりしますよね。

たまに会う人ならそんなことはまぁ起らないですよね。近づきすぎる前に会う頻度の問題でそのイライラの度合いなんて忘れるから。

 

でも逆にずっと一定の距離感を保ち続けるのも結構慣れが必要ですし、学校みたいな毎日同じクラス同じ顔触れ、毎日会う。みたいな環境だとむずそうですね。

 

近づきすぎてるなーって思ったらしばらく会わないようにしたり別のグループの頻度を増やすみたいなことができればおそらく一定の距離を保てそう。いつもシーソーの真ん中にいるような感じで。

 

かといって離れすぎたらただの他人になるしそれはそれでさみしい。だから適度が良い。となるとやはり「ゆるく」というのは素晴らしい言葉だと思う。素敵。すべてにおいて良いか、となるとまた別だけどとりあいず良い。

 

でも大学生になってからは結構無理して人に合わせたりすることは減ったね。

行きたくないイベントとか誘いは普通になんだかんだで断ってるし(気分屋って認識されてるのである種成功、楽なポジション)、自分がやりたいやつは積極的にやるようにしてるし。そう考えたらよい感じかな。

 

マイペースと自己中はまた線引きがあいまいだけど。

まぁマイペースに最近はできてるから、、良き!!